読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

何の参考にもならないJ1順位予想 18位~10位

Jリーグ J1 順位予想 コラム
基本的に雑です。
早速最下位予想。当てずっぽうですが、正直プレッシングサッカーは通用する気があまりしない。ガンバとの天皇杯でも完全にプレスをかわされており、J1でも上の方だと通用しなさそう。
よく昇格組がやるブラジル人くじも今回はなく、ほぼ現戦力維持なので尚更難しい。しかしちょっと期待しているので、いい意味で予想を裏切って欲しいものである。
 
17位:ベガルタ仙台
ウィリアンとハモンというブラジル人が何とか残ってくれたが、FWが少ない。チームの大黒柱・角田、赤嶺がするっと引き抜かれ、リャンも完全にベテランの域。昨季は大宮、セレッソがすっ転んで何とか残留したが、今季は危なさそうです。果たしてブラジル人選手や新加入の金園らがどれだけ頑張れるかにかかっているかと。
 
ノヴァコヴィッチが抜けウタカ、デュークというFWが入ったのはいいがフィットするのにも時間がかかりそうなので、大前が得点王争いするくらいの勢いがないと厳しい。そして守備が酷い有様。プレスも効いておらずPSMでは浦和にボコボコにされる始末。今期も厳しい戦いを強いられそう。
 
昨季は盛田の覚醒と後ろがずっこけたのもあって何とか連続残留。しかしJFKがまさかの退任。樋口監督が就任したが、残留争いは避けられないだろう。樋口監督は攻めのアクセントも入れてきそうだが、攻めるにしては前線はあまりにタレント不足。宇宙開発者クリスティアーノが抜けた穴を劣化アドリアーノに加えウィリアム・エンリケ、ブルーノ・ジバウというブラジル人くじを引いて埋めたが、これが果たして当たるのかどうか。バレー級であることを願うばかりである。そして何より一番の打撃は佐々木翔(イケメン)の移籍。これまで彼の空中戦で何かとごまかしてきたが、さすがにこのクラブに埋もれる存在でもないぞという事でついに離脱。守備陣補強も彼の代わりになるようなのはあまりおらず、おそらく今季は彼の穴が顕著に表れるはず。
 
14位:松本山雅
昇格早々船山を引き抜かれJ1の洗礼を受けた松本は、北九州から池元、ジュビロから阿部、岡山から荒田、そして恒例のブラジル人くじとしてオビナを獲得。攻撃陣はフィットさえすれば強力そう。ハードワークしてよく動き、ホームの雰囲気で圧倒できれば、残留はほぼ濃厚。中盤、守備陣の補強も上手くまとまったのでいい感じ。しかし選手の出入りが激しいこと、初のJ1ということでそこそこ厳しい戦いも強いられることを想定してギリギリこの順位。もう少し上にいけるポテンシャルはありそうです。あとは反町監督の手腕次第。
 
どかーっと放出してどかーっと獲得した。スタイルは攻守にアグレッシブな超ハードワークサッカー。しかしJ1で通用するかは未知数。J2ではがっと上がってがっと戻るで大丈夫だったが、J1でうっかり手薄になった守備をえぐられてぐわーーっと失点するパターンもあるので要注意。攻守に効いていたウェリントンが出て行ったのは痛いが、後釜の3人がどれだけ頑張れるかで左右される。下がるパターンもあれば、一気に飛躍するパターンも。
 
高萩が何を思ったかオーストラリアへ移籍し、石原はサンフレッズ教に入信し浦和へ飛んでいった。ファンソッコも行ってしまい何とか甲府の空中戦強い系DF佐々木翔を獲得。FWは京都からドウグラスをとってきたが、何だか迫力に欠ける。
佐藤寿人は年齢的にもパフォーマンス低下が徐々に見え始め、若手の野津田や皆川ら期待のFWがどれだけ頑張れるかにかかっているが、何と無く中位をウロウロしそうな雰囲気。しかし佐々木が加わったことで守備陣は一層強固になった。場合によってはさらに上位復活もあり得そう。
 
シティさんばんざーいということで期待のブラジル人若手アデミウソンを獲得。小椋が抜けてしまったがアンドリューを獲得して穴埋め。伊藤翔、和田、スペ体質のラフィニャンという迫力不足のトップにアデミウソンが加入したのは大きそう。トップ下はナカムラが抜けた穴を埋めるのにやや苦労しそうだが、とりあえず藤本、佐藤で代用している。しかし何だか物足りない。あんまり上位に突き進むことは予想できないですが、アデミウソンの実力によっては無きにしも非ず…でしょうか。
 
10位:サガン鳥栖
首位になっておっしゃというところでジョンファンさんがバイバイしちゃったので森下監督を急遽就任させて誤魔化すも、対策はそろそろ行き届いていそう。キムミヌの代わりもいなければ豊田の代わりもいないので一人欠けるととっても危なく、代表クラスの安田が抜けたのも結構痛い。
1シーズン通してあのサッカーで一貫するのは厳しそうではあるが、一体どう対応するのかといったところ。場合によってはもっと下に落ちる可能性もあり。
 
に続きます。