読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

ウズベキスタン戦雑感

ハリルさん2連勝となりました。

にしてもまあ彼は宇佐美の使い方が上手い。宇佐美は守備で走るようになったとはいえあまり対応が上手くなく、守備時に相手に突っ込んで崩されたりなんてことがあるので、相手がばてる後半やどうしても流れを変えたいときに使おうという意図が見える。選手の特徴を短期間で理解してカードを切ったのは流石という印象。

にしてもこのサッカーだと、香川本田が微妙になってくる。なんかどっちも遅いきがするんだよねえ。速効性のスタイルに馴染めるんだろうか。乾も若干合って無さそう。

それと岡崎はやっぱり最高のCF。枠を外す場面もあったりしたけど、ちゃんと収めて走って守備もして、しっかり点を取ってくれる。彼は少なくとも今の日本ではトップのFWだと思う。

あと柴崎のロングシュートを岡崎がブロックして優しさを見せたシーンがありましたが、あれたぶん監督によっちゃ怒られてたよね。もう少しタイミングがずれてたらクリアさせられそうだったし、ハリルホジッチはそこに理解があったからありがたかったけど、マンチーニとかファンハールだったキレてるよ、アレw

しかしこの試合、スコアにしてはあんまり内容が良くない。青山が颯爽と先制点を取って試合を落ち着いて運べると思えば、あっさりフリーで相手に撃たせるようなシーンがいくつか散見された。アジアレベルの精度が低いシュートなんで助かったけど、ちょっとレベルが上になるともっと失点してた。

前半~後半序盤にかけては若干攻めあぶれてはウズベクにゴール前まで持って行かれる場面もあり、アギーレの時は「川島服脱いでもバレ無さそう」と思われるくらい暇だったけど、今回は全然脱いでる暇なかった。しかし後半終盤ごろになってくるとウズベキスタンもばててきたようで守備の動きが落ち、交代カードフル活用で交代選手が暴れまくり点を入れる、と言うもので、いわば完全な大勝とは言いづらい。なんやかんやセットプレーから失点を喫してたりもして、ますますスッキリしない感じ。

 

まあはっきり言って就任して間もない時期の試合にとやかく言っても本当にどうしようもないというか、半年後には今の形がまるっきり無くなってることもあるので、しばらくの間は長い目で見守りましょう。