読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

ガンバ大阪vs名古屋グランパスの雑感

試合雑感 Jリーグ 名古屋グランパス J1 ガンバ大阪

 名古屋は動きがかなり悪かった。田口、レアンドロ、ノヴァコと主軸が抜けたが攻撃面でも守備面でも悪い。ちょこちょこカウンターを狙うか、ポゼッションをするかと言う感じだったけど最終的にはカウンターを選択。しかし殆ど跳ね返されていた。

レアンドロが戻ってくればましになる気もするけど、彼はどうやら古巣のクルゼイロに売り込みをしていたらしくたぶんやる気ない。終始ダニルソンボランチの穴を埋められず、後半に松田力を入れて攻撃の回りが少し良くなったと思ったが、「とりあえず何か頼む!」ってことでグスタボとかいうゴリラを入れたらまた悪くなった感じ。川又は相変わらず頑張ってる感はある。永井は運動量はチームトップくらいでチャンスを作ろうと奮闘していたけど、プレー全体は単調な印象。でまあ結局リーグ戦未勝利を継続。組織的なプレーが殆どできていなかったので、修正が必要かと思う。SBの裏のスペースもガンバの両SBに使われまくっていたが、あれはなんなのだろうか。

ガンバは基本圧倒してた。まあ名古屋が想定以上にひどかったってのもあるけど。宇佐美がかなり頑張っており、プレスバックに加担できんのかいと思ったらそこからゴールの起点になるという...。最初っからやれよ感は否めない。攻撃面でもキレッキレだったが楢崎さんの無慈悲な好セーブに阻まれた。しかしまあやっぱり、ああいう選手が動くと怖さが増すなあ。そしてパトリックは相変わらず微妙。ここ最近低調が続いてるけど何故なんだろう。あと今野がやっぱりすごい。彼が入るだけで全く別のチーム。しかし依存性が強いというか、ガンバはこの遠藤今野のダブルボランチが欠けたらどうなっちゃうんだろうなあと。代表帰りの藤春は分かりやすいくらい影響が出ていたというか、これまでのバックパスやらが減って縦の動きに迷いがなくなった印象。彼の場合進化と言うより原点回帰。

ただ終盤一気に不安定になってセットプレーのもみくちゃから失点を喫するなど、ネガティブな点もあったので修正が必要。FC東京戦でもACLでもこのパターンがあった。今回は今野がミドルぶち込んでくれたから助かったけど、あの現象は何なんだろうか。

以上です。結果は3-1でした。あとガンバの先制ゴールは多分宇佐美じゃなくて牟田のOGだと思いましたまる。