読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

日本は何故パスサッカーを目指すのか?

コラム 日本代表

 日本の選手はテクニックがある、と言う言葉を良く聞く。確かに日本の選手はもともと好環境でサッカーを学ぶことが可能であり、いい芝、いいボール、いい刺激を受け成長していく。ユース育ちの選手(柿谷曜一郎や宇佐美貴史)の技術は、これまでの日本選手でもトップレベル。ここ最近は普通の子供たちでもボール扱いが巧みだと、ユースや色々なところの試合を見ていて感じる。テクニックはまさしく世界とも引けを取らないのではないか?と。

そんな選手らが育ちやすい場所で、「パス」というものを多く用いるサッカーを志向するのは、確かに合理的。より正確な位置に正確なボールを通し、高いパスワークで圧倒する。ボール扱いが巧みであるという長所を生かすには良いスタイルだと思う。

しかし、今の日本のパスサッカーが相手を圧倒できているかと言うと、そんな風には映らない。彼らのパスはまるで、1対1から逃げるための責任逃れのために使われているようにも思える。アジアカップUAE戦では極めて多くのパスを通したが、相手を完全に崩せたシーンなど果たしていくつあっただろうか。結局あの試合で生まれたゴールは、クサビを入れて本田が落としたところを柴崎がミドルシュートで決め込んだ、「縦」により生まれた形。パスをこれでもかと繋いで取れなかった一点が、ミドル一発で手に入ったのは非常に逆説的に映った。

ただ1対1や仕掛けるべき場面、責任から逃げるだけのパスサッカーを、決してスペインやバルセロナが志向する”勝つため”のパスサッカーと同じように扱ってはならないだろう。パスサッカーを志向するのはいいのだが、パスサッカーの「方向性」に気を付けていく必要があると感じる。

そもそも、パスの巧さを活かせるスタイルがポゼッションサッカーだけとは限らない。縦に早い一発カウンターだって、スピードを落とさない正確な一本のパスが必要だ。その一本の「パス」も、ポゼッションスタイル時に一々つなぐボールと、なんら変わりはない。W杯を制覇したドイツは圧倒的なパスワークに加えて、プレッシングやカウンター、組織的なプレーもすべて高精度だった。現代フットボールはまさに縦。そしていくつかの戦術的な「オプション」が必要だということを、ドイツは証明したのではないだろうか。私は時折日本が目指すべき方向性はスペインでなくドイツなんじゃないか?と考えることもある。

そういう意味で、ハリルホジッチが指揮する、少ないタッチ数で「縦の意識」をもったサッカーは、崩せずただただ横に回し続けるだけの姿に飽き飽きしたものからすれば、ただただ楽しみでならないし、その分期待は大きい。

パスサッカーを目指しスタイルを磨いていくのはいいが、時にパスサッカーの「方向性」「形」を見つめ直し、一つのやり方にとらわれず、現代サッカーのスタイルも取り入れていくことが、今後の日本サッカーの発展につながるのではないか?と常々思っている。まあそれが出来たら苦労しない気もするが...w


日本代表史上最高のゴール - YouTube