Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

Jリーグ6節 湘南ベルマーレvsガンバ大阪戦雑感

 スコアは2―0でガンバの完勝。

ガンバは”湘南スタイル”について割と研究していたんだろうなあという印象で、いくつかの時間帯、場面において「行く場所といかない場所」が徹底されていた。ある程度は後ろでやらせるんだけど、深い位置に入ったときのいなし方、クリア、クロスの位置も何と無く共有のイメージがあって、試合全体は湘南が押し込んでいたのに、ガンバ側の守備は全く焦った様子がなかった。逆サイドに開かれたときに危ないシーンを作ってはいたが決定機に至らず、枠に飛んだら飛んだで東口が守ってるっつー。われながらいいシステムですわ。

攻撃面はガンバは2トップの頑張りになるんですが、宇佐美が相変わらずノリノリで、パトリックも徐々に調子は戻りつつある感じ。カウンターの時なんか2人でも4人分くらいのこわさがあるからね、ほんと。決まらなかったけどw

湘南は全体が走り回ることで、より多い数で攻撃が出来ていた。WBの2人をクロスに飛び込ませつつセザルが前で収め、大竹、高山が飛び出してくるような感じ(だった気がする)。しかし、決定機はあまり多く生み出せなかった。パワープレーも脅威にはなりえず。

得点シーンはショートコーナーから始まり、遠藤のクロスを丹羽が遠藤航に競り勝って後ろに落とし、それを米倉がダイレクトで合わせ、弾かれてこぼれたところを宇佐美が押し込んで先制点。らしくなくていいですね。最近輝きが増してますわ。2点目は後半終了間際に、浮き球スルーパスから倉田が倒されてPK。蹴りたそうな宇佐美を横目に遠藤が落ち着いて決め、追加点ゲットと言う流れでした。

守備面は前述の通り徹底されていて、何より輝いていたのは大森。攻守に走り回って、ゴール前でがっつり守ったと思えば相手陣にいる。サイドハーフが動き回ると守備陣は釣られるんで、ガンバ攻撃陣へのマーク受け渡しが面倒になる。そしてついついサイドを開けちゃうと米倉、藤春が走りこんで、ゴール前で宇佐美パトリックが待ち構えてるいつものパターン発動になる。攻守に人数をかける湘南は割と数で対応できたけど、カウンターで突っ込まれるとタジタジにされるのはご愛嬌。なんか数で攻められるより一人にズカズカやられる方が、湘南としてはやりづらそうだった。上がりたがってた三笠もパトリックの対応に追われてたし、セットプレーでも怖さが出なかった。ただ、読みが利くし攻撃にも加担するしでアンドレ・バイアーはいい選手だなあと率直に思いました。以上。

 

まあというわけで、ガンバが普通に勝ちました。湘南としてはウェリントンが居れば違ったかもなあ。セザルはよく収めるけど、シュート意識が高くなく、局面打開力は小さかった印象。ガンバとしては湘南スタイルをいい具合にいなしていたので、上出来だったと思います。割と危ないシーン作られてたけど、まあいっか。それと、宇佐美が試合後に

「毎回点を決めるようになれば、好調とも言われなくなる。その領域に行きたい」

と言っていたのですがその領域に辿り着いた頃にはお前何処に居るんだよ..という気持ち。点決めるほど海外移籍が濃厚になるので、痛し痒しだなあと...w。まあ海外でもっと成長してほしい気持ちはあるんで、とりあえずガンバにいるうちに点取りまくってください!