読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

何の参考にもならない第9節プレビュー

 やっつけです。

 FC東京vs川崎F@味の素

最多得点・失点多しの典型的諸刃の剣サッカー川崎フロンターレと、最少失点の堅守で逃げ切るFC東京という、極めて対極的な両者の対戦。

東京としては武藤が強烈なマークにあっておりここ最近で精彩を欠いているが、おそらく先発出場が濃厚。というか彼の代わりになりそうなFWがあんまりいない。太田の左足でいかにセットプレーで脅威を与えられるかが重要。好調な守備陣も現在猛威を振るっている川崎攻撃陣を抑えられるか試される。

川崎としてはカズ超えを狙う大久保と現役代表である小林の活躍を望みたいが、連戦が続いているためどちらかを代える可能性がある。船山、『杉本のどちらかが出場する可能アリ。素早いスピードでボールを滑らせるパスサッカーが特徴的だが、どれだけ東京を圧倒できるか。柏戦の結果も踏まえカウンターは特に注意したい。武藤対策は必須だが、風間監督にそんな守備概念はあるのだろうか...。

 

鹿島vs甲府@カシマ

柴崎、金崎らのプレーに期待したいが連戦のためターンオーバーの可能性あり。イマイチ勢いに乗り切れていない鹿島だが若手が徐々に躍動してきており、ACLの前の試合という事でより温存しつつフレッシュな若手を活かして勝ちたいのが本望だろう。そして何より求められるのは完封勝利。今季は完封試合がないため、ここでイメージを持っておきたいところ。

甲府は現在不調。6連敗を喫し点取れない守れないの二重苦。徐々に守備が機能しつつあるとはいえ、川崎、浦和に完敗している。攻撃陣にも不安が募り、アドリアーノも一時期の輝きを完全に失っている。バレーが戻ってくるとの報道があるが、使い物になるかは未知数。奇跡を期待しよう。いっそ盛田を上げるのもあり。

 

松本vs新潟@アルウィン

ハードワーク、セットプレー、オビナへのボールを基とするプレーで相手を翻弄する松本だが、ここ最近では顕著に疲労が現れ始めているため、ターンオーバーの可能性が高い。反町監督は前の試合で手ごたえを感じているようで、ここからの結果に期待したい。鍵としてはいかにレオシルバの壁をかいくぐりつつ、フィニッシュまで持っていけるか。相手のクロスボールや相手の突破に対応しつつ、セットプレーの一発も狙いたい。常に走り続けている岩沼らSBの貢献は今回も求められる。

新潟はやはりラファエルシルバの欠場が痛い。常に攻撃面で貢献してきた彼の存在をかみしめるはず。ここ最近で調子を上げている武蔵が、いかに穴を埋められるか。中盤で大きな貢献を見せているレオシルバのプレーは今回も頼りになりそう。好調な守備陣のプレー、元ブラジル代表コルテースの真価も見せてもらいたい。セットプレーは特に気が抜けないだろう。

 

鳥栖vs神戸@ベアスタ

前節で無敗が止まった神戸は森岡、ペドロらの負傷によりますます厳しい戦いを強いられる。好調な石津のプレーに期待したい。この主力2人が欠けたことで、布陣変更の可能性あり。アウェーなだけに今回はますます気が抜け無さそうだ。

鳥栖としては今試合連敗は防ぎたいところ。前節では湘南にフルボッコにされてしまい林の穴の大きさをかみしめる結果となった。大エース豊田を中心に攻撃を組み立てたい。現在鳥栖はホームで無敗であり神戸もベストメンバーではないため、どうしても勝ち点3が欲しいところ。

 

広島vs仙台@エディオン

順位予想で私が「迫力不足」と唱えていたドウグラスが思いのほか活躍していてなんか悔しい広島。地味に順位を上げていて、あんまり脚光が当たらないけど4位に居ます。10得点6失点とそこそこいいように見えるがここ最近連続で先制点を取られており、危なっかしい状況。無失点に抑えつつ先制して逃げ切りたい。にしても皆川って今何やってるんだろう。なんで使われないんだ。

仙台は現在3連敗。連戦で疲労が懸念されるため、ターンオーバーの可能性あり。広島の攻撃陣を抑えるのが第一条件だが、大丈夫だろうか。おそらく今試合も厳しい戦いを強いられる。頑張れ金園。

 

名古屋vs湘南@パロマ

12得点11失点と西野感満載の名古屋。代表2トップが先発濃厚だが疲労が心配。いざと言うときはノヴァコヴィッチ、小屋松、杉森の投入で流れを変えたい。前線の豊富さはトップクラスなため、それを活かせるかが鍵。

湘南は前節で鳥栖をフルボッコにし、勢いに乗りたいところ。とにかく走るため疲労が心配だが、正直名古屋のあの守備陣相手なら走り回って翻弄できればどうにかなると思う。好調な攻撃陣の活躍に期待がかかる。

 

浦和vsG大阪@埼スタ

1位で無敗の浦和と2位で8連勝中ガンバの天王山。浦和としては去年の悔しさを晴らしたいが、ガンバは埼スタでの浦和戦はここ数年で4勝2分と無敗。そんな負けたくない立場の浦和だが、今回は去年と違い豊富な前線が特徴的。特にズラタンACLでも存在感を見せつけている。中盤~終盤の疲労が気になるところではあるが、浦和のことなのでターンオーバーと言う選択肢はないだろう。いつもの「なんちゃってパスサッカーからカウンター喰らってチュドーン」を断ち切れるか。

ガンバとしては連勝中ではあるが内容の良くない試合が多く、強力2トップの個が試されるが、ダブルボランチサイドハーフのプレーにも注目したい。前節で米倉が負傷してしまったので、SBの人選も気になるところ。小椋が右で藤春が左をする可能性が濃厚ではある。いつもの攻撃力と安定感のある守備力をアウェーの地で見せつけられるかどうか。

 

山形vs横浜FM@ND

無得点が続いていた山形は前節で清水に3点差から追いついたのもあり、得点のイメージを持って試合に臨めるはず。攻撃陣のアルセウディエゴ、中島、林らのプレーに注目が集まる。そしてとくに、キッカー中村俊輔が戻ってきたためセットプレーはより高い集中力で守りたい。

横浜としては前線の組み合わせをどう合わせて来るか。ラフィーニャ、俊輔と数はそろったためあとはどう活かせるかだろう。前節で広島に敗北したため、連敗は防ぎたい。個の力で圧倒し、手短に勝利を奪いたいところだ。