Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

PL第35節 マンチェスター・ユナイテッドvsウェストブロムの雑感

スタメンは左SBにブリント右SBバレンシア、CBにマクネとスモーリング。アンカーにエレーラを置きインサイドハーフにはルーニーフェライニ。WGにヤングとマタ、1トップはファンペルシーと言う構成。

ピューリスらしいと言えばらしいドン引き堅守+ロングボールを用いるウェストブロムに対し、ユナイテッドはひたすら回させられる展開が多かった。

相手がガッツリ引いてくるのでユナイテッドは苦戦し、どれだけ回しても相手が食いつかず縦や裏へのボールも少なかった。結局ゴール前まで繋いだ後クロスを入れてまあなんか頼むわと言う形が多かったが、基本全部弾き返された。フェライニの収まりが良いので彼めがけて入れるボールも多く、しかしなんとかポストプレーで攻撃に移ることはできてもウェストブロムの守備組織が中々のモノで、どうしてもゴールをこじ開けられない。

セカンドボールをファンペルシーやブリントが蹴って枠に飛ばすシーンはあったものの、今回無駄に覚醒していたGKマイヒルに防がれる始末。ゴールが奪えずとにかくボールを回すしかない状況になると、ハーフラインでウェストブロムにボールを奪われカウンターを浴びてしまい、ついつい相手にFKを与えてしまう。まあサッカーと言うのはポゼッションしていると徐々にカウンター喰らい始めて「押し込んでいるはずなのに失点していた」と言うケースが多い訳ですが、今回ユナイテッドは見事にその餌食になりましてなんとこのFKがディフレクトしてゴール上隅に吸い込まれていきました。

その後本格的にヤバイと思い始めたユナイテッド攻撃陣が一気に攻めたて、ハンドでPKを獲得。蹴るのは1トップのファンペルシー。しかし右隅を狙ったボールはまたもマイヒルに止められてしまう。終了間際のファンペルシーのミドルシュートもまたまたマイヒルがギリギリでセーブし、一切の失点を許さなかった。最終的にファルカオディマリアの補強組を投入するも流れは変わらず試合終了、と言う結果。

キャリックがいないことでエレーラを下げざるを得なくなり、ルーニーも一列下がって組み立て役にさせる必要が出てくるので中々厳しい台所事情があります。守備面でもキャリックの存在は大きかったので、こういうところで大事さを痛感したなと。まあなんにせよ、相手にガッツリ引かれるとウェストブロムにさえ手こずるってのは結構問題。ダイレクトプレーを増やして揺さぶるだけで全然違うとは思うんだけれども、今回はそういったプレーはほとんど見られなかった。ウェストブロムが守備組織を組み立てる前に速攻する必要があるのに、一旦戻してまったり組み立てて組織が出来上がったころには攻めあぐねているというループが出来ていたので、こういう所で流れを変える必要もあるなと。こういった部分が露呈されたのはおそらく大体モウリーニョのせい。