読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

何の参考にもならないJ1第10節プレビュー

Jリーグ J1 プレビュー

やっつけプレビュー。

清水vs鳥栖@IAIスタ

前節では神戸にドローにされた鳥栖。勢いにのるために今節の勝利は必須だろう。好調エース豊田のゴールと、久しぶりに復帰となる守護神林のセーブが鍵。

現在絶不調の清水はホームなだけに負けられない。前節で柏をドローに持ち込み無失点に抑えた守備を活かし、鳥栖の攻撃を封じたい。相手はハードワークと豊田へのロングボールを軸とするため、セカンドボールを拾いマイボールにすればおのずと突破口は開けるはず。辛抱強く戦えるか。

 

横浜FMvs名古屋@日産スタ

横浜は前節で伊藤が負傷したため、1トップはラフィーニャがほぼ確実。現在2連敗中なため、上手くホームを活かして勝ちたい。中村俊が出るかどうかだが、もし温存する場合はアデミウソン、藤本辺りがトップ下の可能性。左は斎藤が濃厚(漢字合ってるっけ)

名古屋は最近やや好調。前節ではカウンターがバリバリ炸裂し湘南をフルボッコ。代表FWの川又、永井らのゴールに期待がかかる。ここで勝てれば勢いに乗れるはず。

 

湘南vs神戸@ShonanBMW

前節ですっかり弱点を突かれた湘南は、ホームの今回は勝ちたいところ。強力な攻撃陣を抱える神戸に対し、遠藤ら守備陣が抑えきれるかどうかが鍵。全体の攻守に伴う上下が主なスタイルの湘南だが、バランスと展開を見つつ攻め上がりをコントロールしたい。攻撃陣の1トップ2シャドーがけん引できるかどうか。

神戸は主軸の森岡がまたも欠場するかもとかなんとか。ここ最近では負け分けと調子を落としつつあり、アウェーで勝って浮上のきっかけにしたいところ。前節で同点弾を決めた小川慶治郎、強力なマルキーニョスや渡邊らの飛び出しも期待したい。

 

川崎vs広島@等々力

逆転負けがパターン化しつつある川崎。もともと守備のもろさは開幕前から懸念されたことではあるのだが、まあ不安が的中してしまった。現在14失点である。3バックか4バックという所だが、今のところ4バックが全然機能してないので3バックに戻す可能性がある。調子がいい時のパスサッカーは素晴らしい物だが、調子が悪いときはとことん悪く、ボールを奪われるとほぼ必ず決定的なシーンに持って行かれるザル守備はどうにかしたい。風間さん...本当に守備の文化ないんだな...。

前節で若手が躍動し勢いに乗る広島。現在6失点と安定感ある堅守も持ち味。屈指の火力を持つ川崎攻撃陣を抑えられれば、おのずと自信もついてくるはず。攻撃陣の砂糖、ドウグラス、柴崎(代表じゃない方)に加え途中投入であろう若手の躍動に期待したい。佐藤寿人2世(筆者の勝手な命名)浅野のスピード感あるドリブルに注目。

 

新潟vs山形@ビッグスワン

前節で松本に勝ち越し勝利をあげた新潟。レオシルバが出停と言う状況ではあるが、攻撃陣の鈴木やラファエルシルバがけん引し、チームを勝利に導けるか。レオシルバの代わりは成岡が濃厚。チームの心臓の穴を埋められるか、試されるだろう。

前節で横浜に完封勝利し、いいイメージを持って臨めるであろう山形。お得意のセットプレーで点を奪い、勝ち試合に持っていけるかが鍵。アウェーなのもあり厳しい戦いを強いられそうだが、集中力を保てるか。

 

松本vs甲府アルウィン

前節ではホームで新潟に敗れた松本。アルウィン2連戦という事で、連敗はどうしても避けたいところ。バランスを見つつ攻守に動き、オビナへのボールや、セットプレーで点を奪い逃げ切りたいところ。

不調の甲府は前節で鹿島に完封勝利をおさめついに遠かった白星をゲット。裏抜けからビューティフルゴールでクラブを救ったルーキー伊藤の得点に期待したい。これから昇格組との連戦があるため、連勝を収めて流れに乗りたい。

 

仙台vsFC東京@ユアスタ

ディフェンスラインの中心であった鎌田が負傷してしまった仙台。ここ最近は調子を落としつつあり、徐々に結果が出なくなっている。攻撃に迫力がない中せめて守備の堅さを取り戻し、東京に食らいつきたい。

11得点5失点と堅実に勝ち点を稼ぐ東京は現在ガンバらを抜いて2位と好調。前節逆転ゴールを決めマインツ行が噂されるエース武藤や、前田、東らFWコンビのゴールが期待される。太田がキッカーを務める高得点力のセットプレーを今回も活かしたい