読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

何の参考にもならないJ1第11節プレービュー

Jリーグ J1 プレビュー

やっつけ展望記事。

 広島vsG大阪@エディオン

公式戦6連勝と絶好調を維持する広島。前節では殴り合い界の王者・川崎Fに見事完封勝利を収め、その堅守ぶりを発揮した。若手の野津田、代表候補選出の浅野などに加え、佐藤、柴崎(代表じゃない方)、ドウグラスら攻撃陣がいかにガンバ守備陣のブロックを破れるかがカギになる。守備陣としてはやはり強力2トップへの対応が必須。昨季からガンバには未勝利が続いているため、苦手意識を払拭できるか。

ガンバは浦和に前節敗れ順位が2つ後退し4位。しかしACLでは逆転勝利をおさめ、GL突破を決めたため公式戦連勝を取り戻そうとチームの士気は高いはず。2トップの宇佐美とパトリックの活躍が期待される。そして守備陣だが、負傷していた岩下が出場できる状態になっているとのこと。広島攻撃陣を抑えきれるか試される。

 

FC東京vs鹿島@味の素

東京はつい先日ラサドが加入。今試合で起用されるか分からないが、出てくればぜひ注目したい。ここ最近で武藤のマークが非常にきつくなっており、本人の負傷の可能性が懸念されるがおそらく今回も出場するだろう。守備陣は吉本が出場停止でカニーニも負傷したらしく、代わりは丸山の可能性が高い。武藤倒される→セットプレーで点取る、と言ういつもの流れを発揮できるか。

流れに乗れない鹿島は前節甲府戦に温存策で敗れ、黒星を喫してまで臨んだACLではソウルに逆転負けするなど不調気味。何より守備陣が不安定であり、今季は完封勝利がいまだに無い。ACLではセットプレーで逆転負けしたため、太田の左足には要警戒しつつ強力な攻撃陣で東京の堅守を破りたい。

 

神戸vs清水@ノエビア

厳しい台所事情に置かれている神戸は、今回森岡と増川の復帰が濃厚だとか。CBは北本or増川が先発濃厚。ボランチはチョンウヨンとフェフージンor森岡だろうか。10番の復活を機に白星を取り戻したいところ。

不調の清水はアウェーで対戦。前節は鳥栖にまたも追いつかれ勝ちきれない試合が多いが、大前ら攻撃陣がおおむね好調で点が取れるようになってきているため、今回も追いつかれぬよう守備面で高い集中力を保ちたいところ。

 

横浜FMvs新潟@日産

前節で名古屋を圧倒した好調の斉藤学、アデミウソン、藤本ら攻撃陣を擁する横浜。中村、伊藤の復帰は微妙だが、彼ら3人が前線をけん引できるかどうか。3バックか4バックかと言う部分も注目。新潟の攻撃陣に対し、好調の守備陣がしっかり抑え込めるかもカギ。

新潟はエースのラファエルシルバが復帰するだとか。レオシルバも戻るようで、いつものメンバーで臨めそう。もしシルバが出られなくとも代わりに指宿がいるため、攻撃陣の層は厚い。固い守備を形成する横浜のブロックを破れるか。

 

鳥栖vs松本@ベアスタ

6試合連続ゴールの豊田は今回決めれば、なんと森島や高原の連続ゴール記録と並ぶ。その分マークも厳しくなるとは思うが、エースを中心に攻め込みたい。林はまたも怪我でメンバー外のため少々不安だが、赤星の意地のセーブに期待したい。

松本はアウェーでの対戦。前節で甲府に勝利したため、いいイメージで臨めるはず。強力エースの豊田を抑え込み、攻守の素早い切り替えで鳥栖を追い込みたい。連戦の疲労はあるが持ち前のハードワークで圧倒出来れば、勝算は十分ある。

 

仙台vs浦和@ユアスタ

前節でついに5連敗を喫し、前半の好調ぶりが消えつつある仙台。東京に1点差まで詰めたとはいえ、守備で上回れなくなると少々厳しい。しかも相手は浦和。相性はそこそこ良いとは言え、苦しい戦いを強いられるだろう。ウィリアンやハモンロペスらの奮起に期待したい。今回勝つことが出来ればチームの自信につながるはずだ。

前節で宿敵G大阪に1-0の完封勝利を収めた浦和。ACLは敗退したとはいえブリスベンに逆転勝利し公式戦連勝中。エース興梠もベンチ入りかスタメンが濃厚。しかし、ユアスタでの仙台は浦和は大の苦手。これまでほとんど勝ったことがなく、昨季は赤嶺に決勝点を奪われ敗北。今季こそ苦手意識を拭いたい。

 

甲府vs湘南@中銀

前節松本に敗れ降格が危ぶまれる甲府。バレーがベンチ入りとのことだが、機能するかは分からないため博打になる。現にアドリアーノがゴミなため、攻撃陣はルーキー伊藤に注目。裏抜けと積極的な攻撃参加でチームを救えるかどうか。守備のチームだったのに失点数もリーグワーストだが、試合を消化しつつ堅守を取り戻したい。

湘南は前節神戸にドローまで追いつき、黒星を防いだ。相手は残留争いの宿敵となる甲府。滅茶苦茶走る高山が出停になったため変わりは岡山が濃厚だとか。可児との連携で攻めつつエース・アリソンの覚醒を期待し、白星を狙う。

 

名古屋vs川崎@豊スタ

横浜に敗れた名古屋はホームで火力バカ一代の川崎を迎え撃つ。ノーガード対決なら強そうなので代表の永井、川又の得点力に加え、炎のSB矢野の攻撃参加で殴り合いたい。スコア5-4とかどうですか。

芸術は爆発だーーーーー!!!」とばかりに攻めまくる川崎は広島に前節あっさり完封負け。小林も負傷で出場できないらしく苦しい状況だが、代わりの船山が見せ場を作れるか。あんまり期待してないけど守備陣が名古屋攻撃陣を抑え込めるかも注目される。

 

山形vs柏@ND

林の奮起もあり、お得意のセットプレーが機能し始める山形。前節では惜しくも新潟にドローを喫したが点が取れるようになったのはポジティブな要素だろう。石川、宮阪のボールに当たりゴールを狙えるか。クリスティアーノレアンドロ、工藤ら強力3トップをいかに封じ込みつつ先制点を奪えるかが鍵。

ACLではターンオーバーを行い、敗北するもGL突破を決めていることでよりフレッシュな状態で臨める柏。3トップの攻撃力に加えベンチ入りした大津のプレーに注目したい。セットプレーは高い集中力で守りつつ攻撃で圧倒したい。