Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

サンフレッチェ広島vsガンバ大阪戦の雑感 『岩下の日』

結果はアウェーのガンバがウノゼロ勝利。にしてもほんと岩下で始まり岩下に防がれ岩下で決まった試合でした。

なぜ岩下なのかと言うと、これですね。

千葉に対してエルボーをかましました。下手したら追加処分モノですが、そもそもどうして千葉は自分から当たりに行ってるんでしょうかね。

でまあこれだけならともかく、面白いのがこの数分後、宇佐美のドリブルからの広島のファウルによりガンバがFK獲得。で遠藤がボールを蹴ると、ボールに対し広島守備陣がクリアミス、これを受けた岩下がダイレクトで折り返し、リンスが押し込んでガンバ先制。これが決勝点となりました。エルボーを喰らわせた岩下が今度はアシストをするという結果に。

そして今回の広島は右サイドの柏にボールを渡しひたすらクロスを入れてきたのですが、それも8割近く岩下が弾き返すという、まさに「岩下の日」でした。

試合の雑感

前半は広島ペースでガンバは一方的に押し込まれるも、東口のセーブで防ぎ続ける展開。しかし、後半になってから、一気にガンバ側のギアが上がりました。より前にかかるようになったガンバに対し広島は浅野を投入。流れを代えようとこころむも、直後にセットプレーから失点を喫してしまう。その後引いてきたガンバを広島が攻め込む形になるも得意のサイド攻撃は跳ね返され、守り切ったガンバがしたたかに勝利を得た、と言うのが一連の流れ。

広島は寿人が前半から良い動きをしていた中浅野に代えて賭けを計ったものの、結果が出なかったのは少々痛い。DFと駆け引きをして隙を狙える寿人に対し、浅野はスピードを生かした裏への一本が主な活かし方になるが、丹羽や藤春と言ったスピード系FWの対応に強い2人が並ぶと、あまりボックス内で怖さを発揮できなかった。おそらく森保監督は寿人の後を浅野に任せようとしているように見える。彼にはもう少し打開力が欲しいが、それさえ身につければA代表も決して夢ではなさそう。

そしてほかに交代で入ったドウグラスミキッチらがいい動きを見せたのは流石。負けてしまったものの層の厚さを見せつけた。後半中盤ごろにかけて柏の突破からクロスの流れで起点を作ろうとするも、惜しくも実らなかった。前半のうちに先制点を奪えていれば、かなり違ったと思う。

ガンバとしては負傷者が多い中苦肉の策で丹羽を右に置いたが、そこそこ機能してくれたのはよかった。1対1の対応もよく、オプションとしては許容範囲。でもまあ、やっぱり米倉ジェソクが恋しくなる。大森がいいシーン何回か外してたのは予想外。1週間休んだんだから決めなきゃなあ。藤春とのコンビネーションもよくなかったしで、なんか波の激しい選手だなと。

宇佐美は点を取りたいという意識が見えたが、今回は低調。連戦の疲れも大きそうだが、中盤まで受けに下りたりドリブルを仕掛けたりといろいろやってみるものの、後半終盤に交代。とはいえ決勝点のきっかけとなったFKを獲得できたので、存在感は出せたかなと。

全体としては、最近は疲労のためか後半から本気出すパターンが増えてる気がするが、意図的なものなのだろうか。守備の堅い広島にあまり打開できなかったのは課題に感じるが、そもそも大森が外しすぎだったので何とも言えない。しかし要所を締めて勝ちきったのは流石でした。以上。