読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

名古屋戦で見せた鳥栖MF鎌田のスルーパスが素晴らしい。

Jリーグ J1 動画 鎌田大地

これがそれ。

どうすごいのか画像にすると、

f:id:gutierre:20150517134450p:plain

こうなります。鎌田が体をサイドに向けたこと(黄色線)によって守備陣もサイドの方に釣られ(赤線)、それによって斜めにコース(黒線)が作られました。終盤のカウンターのシーンなので名古屋守備陣は焦っているのもあり豊田を見る余裕はなく、あっさり引っかかってコースに通され、豊田が受けて先制ゴール。手前の選手が反応しましたが、伸ばした足はギリギリ届きませんでしたね。これが決勝点となり、鳥栖が勝利を収めました。

前を向いて縦にパスを出すのと体をサイドに向けてパスを出すのはどう差があるのかと言う話ですが、これの難しさは実際やってみると分かります。笑 このシーンでボールを受ける前に鎌田はちらっと豊田の位置を確認しているのですが、パスを出す前に豊田を見すぎるとDFが気づくので、彼はちらっと確認した時のイメージを頼りに、ギリギリまで前を見ずパスを出している。ボールの行方を見ているのはパスを出した後なので、完全に守備陣は欺かれました。ほぼノールックな状態からボールを正確に斜めに通す技術。もはや変態(笑)

身体をサイドに向けてコースを作り、正確に通すことが出来る選手というのは日本では柴崎、香川、本田、遠藤くらいだと踏んでおりますが、彼も十分いいパスが出せていますね。というか、これでまだ新人ということが驚き。鳥栖の新たなる逸材の活躍に今後注目。