読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

何の参考にもならないJ1第14節プレビュー(気になるカードだけ)

気になるやつだけ抜き出してプレビュー。

清水vs川崎@IAI

めっちゃ楽しみなカードの一つっすこれ。

最近苦戦が続く清水。しかし攻撃陣が徐々に攻撃力を発揮しつつあり、ナビでも神戸に逆転勝利。やや負傷者事情は厳しい物があるとはいえ、相手は「俺たちのサッカーを貫くぜ協会会長」であり「攻撃は最大の防御」の体現者である川崎。いつものプレッシングでアグレッシブに仕掛け、殴り合いは覚悟しよう。

前々節くらいに「物足りない」と原口調で叩いたものの、その直後に4戦4Gと活躍して筆者に赤っ恥をかかせた代表帰りの杉本ら攻撃陣を擁する川崎は、相変わらずの失点癖はあるものの、ナビで横浜に1-2で勝利しいいイメージを持って臨める。「ポゼッションこそすべて」「全員MF」「攻撃こそ最大の防御」を地で行くやっひーフロンターレは浮上のきっかけを作れるか。なるべくボールロスト後の処理をしっかり行いたい。

 

横浜FMvsG大阪@日スタ

アデミ、藤本、三門、斎藤ら好調な攻撃陣を擁し、前節では粘り強い守備を持つ松本に3-0と完勝をおさめた。ナビでは川崎に敗れたものの、その分リーグに力を注ぐことが出来る。相手は今野を欠いているため、中盤の攻防がカギ。セカンドボールを拾わせず積極的に攻撃につなげていけるスタイルは、今回ガンバにとって脅威になるはず。フィットし始めたブラジル五輪代表アデミウソンのプレーも気になるところ。

ガンバはACLでソウルに勝利し、ベスト8進出を決めたことでモチベーションや勢いは高い。しかし今野の出場停止が非常に痛く、ここをどう埋めるかがカギとなる。代役は復帰直後の明神か井手口か小椋かというところだが、おそらくこの中だと小椋が先発濃厚。岩下は足が悪く米倉も前の試合で負傷交代。藤春の疲労状況も気になるなど台所事情は非常に厳しく、ACL後のアウェーという厳しい日程でコンディションも高いとは言えないが、ここで攻撃陣が救世主となれるかどうか。

 

FC東京vs柏@味の素

現在不調が続き、7試合連続失点、リーグ3連敗といつもの失速癖を披露する東京。武藤以外のFWが点を取れてないのが何より痛く、武藤本人も疲労を口にしてしまうほどここ最近の連投と過密日程はコンディション不調に拍車をかけている。前田やラサドや林と言った、彼の代わりとなれるFWが台頭してほしい。FW陣が厳しいとなると太田のセットプレーが鍵になるため、彼にかかる期待は大きい。浦和戦あたりから中盤のもろさやプレッシングの空回りが散見されるがそこも修正したい。

ACLではガンバとそろってベスト8に進出した柏。しかし、「ACLで頑張れてどうしてリーグ戦はこうなんだ―――――!!!」とばかりに結果が出ていない。もはや2戦未消化とかいう言葉がかすむ、ほんと何でだ。しかし選手は徐々に好調を維持し始めており、小林や武富、水原戦で活躍を見せたレアンドロ、ここ最近で存在感を見せる10番大津らの奮起に期待したい。あとは柏らしいサッカーができるかどうか...。

 

鹿島vs松本@カシマ

余り波に乗れない鹿島は今回こそ勝利が欲しい。しかしここ数試合で違いを見せているジネイを活かしていければ、十分勝算はある。また今季からあたりから始まった失点癖は相変わらずなため、完封のイメージを持っておくことができればいいが。

公式戦連敗中で、勢いを失いつつある松本。しかし鹿島は今季セットプレーの失点が多く、そこに付け込むことが出来れば勝機は見えて来る。そこで肝心なのが鹿島の強力な攻撃陣を抑え込むことが出来るか、と言う部分になるため、過密日程ではあるがいつも通り粘り強く豊富な運動量で耐え抜きたい。

 

鳥栖vs浦和@ベアスタ

エースの豊田が好調を維持する鳥栖。守護神林の欠場が痛いが、守備陣が打たせぬよう対応していく必要がある。何よりベアスタでの浦和は鳥栖にとって得意な相手であり、去年は浦和をロスタイムにドローに追い込んだ。堅牢な浦和守備陣を潜り抜け、豊田にボールを供給できれば勝算は十分見えて来る。ルーキーの鎌田にも注目したい。というかしよう。あの選手は絶対大きくなると思う。何と無く。

無敗を維持し現在2位と差をつけて首位と絶好調の浦和。しかしベアスタでの鳥栖は因縁の相手なので、負けられない戦いとなるだろう。厚い選手層をもつ攻撃陣で、いったい誰が先発となるのか、と言うのは気になるところ。武藤、ズラタンといった補強組のフィットに加えて、怪我から復帰したエースの興梠慎三など破壊力抜群。少ない失点をキープしている槙野、森脇、那須と言った守備陣が豊田対策を実行できるか、というのは主なカギとなる。ロングボールへの対応力が試される。