Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

2nd第2節 名古屋グランパスvsガンバ大阪の雑感

 パロ瑞穂で行われた今試合、結果は3-2。

前半はガンバ2点リードで折り返し、後半もガンバペースかに思えたものの、後半から一気に名古屋のギアが上がり逆に守ろうとしてきたガンバ側のペースは落ちる一方。試合を通し名古屋はガンバの2~3倍近いシュートを放ち形勢逆転。その結果名古屋が2点差をひっくり返して大逆転勝利、ガンバは今季初の3失点で2ndステージ早速黒星となりました。

 でまあ、前半いい流れで折り返せたのに後半がクソすぎたのは何故なのか、という。元々今日はフォアチェックもあんまりしないし引いている局面が多かったんで、名古屋にガンガン縦パスを入れられ危ないシーンが続出。東口の孤軍奮闘のセーブで失点をギリギリ免れる場面が何度か見受けられた上、場合によっては4-2とか5-2くらいでもおかしくないくらいの展開だった。

しかし、試合を通してみると崩された場面と言うのはそんなになく、失点もPKを除けば大体ミス絡みのものしかない。それも最終ライン付近でのミスが多く、妙にガタガタだったのでおそらく固定してたDF陣の疲労がたまって来てるのかなと思う。そろそろ西野とかジェソクとかキムとか使ってテコ入れしたい。

攻撃は相変わらず不安を残す。前半にパトリックと大森が点取って、よっしゃ行けるかと思いきや押し込まれ始めると中々前で起点を作れなくなる。大体起点になるのは宇佐美とか両SBとかパトとかなんですが、この中でも宇佐美が機能しなかった場合はどうしても迫力に欠けてしまうという切なき事実があります。流れが変わらず痺れを切らした長谷川監督は宇佐美を下げてリンスを入れるも全く流れは変わらず、結局長沢とパトのツインタワーでひたすら放り込むやり方を選択するも、そもそも放り込み当分やってねーし、セカンドボール拾っても中々シュート打たないわで時間が過ぎて試合終了っつう。結局チームが徐々に宇佐美のチームになりつつあるのかなという一抹の不安をまたも駆り出された感じ。ぬおー書いててなんかもやもやしてきたぞ。

名古屋は何か数試合前に見たときと比べてかなりインテンシティが上がってた。ガンバが受け身に回ったからと言うのもあるけど、あれだけ縦へ前へとボールを運べれば、割ともっと上に行ける気がする。特に小屋松はよく走るし上手い。攻撃が段々永井のスピード特化になってる感は否めないけど、代表2トップの個があるのでもう少し選択肢を増やしたり、まともなビルドアップが出来るようになれば伸びしろは十分あると思いました。というか、西野さんやっぱ撃ち合いには強いっすわ。あと川又は #chinkodekas(ry

最後の小言

まあ相変わらず内容はあれだし点も取れなくなったしで不安が残る。長谷川監督になって以降個人に頼ってる感があって不安がぬぐえないわけですが、昨季の降格圏に居た頃よりはましだと言い聞かせていまふ。まあ問題は宇佐美が抜けた後でして、宇佐美後のチーム作りの構想を念頭に入れておかないと、レヴァが抜けたドルとか、スアレスが抜けたリバポとかあの辺の二の舞になりそうなのでどげんかせんといかん。とはいえ、今試合で2列目の大森がしっかり点を取れたのは素直にいい収穫かなと思いますた。この経験を活かして今後修正してほしい。というか修正しろ。