読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

Jリーグ2nd ガンバ大阪vsサガン鳥栖戦雑感

平日に行われた今試合、結果は1-1のドロー、遠藤のPKでガンバ先制も鎌田のゴールで 追いつかれガンバはまたまたドローですた。鳥栖は豊田ベンチ外で鎌田は途中出場というハンデ付き。

雑感

まず、失点シーンの画像を暇を持て余して作りましたが

f:id:gutierre:20150722224945p:plain

こんな具合になりました。見づらくてサーセン。守備時のガンバの守備陣形がいびつと言うか、乱れていることが分かります。おかげでDFの目の前に鎌田が走りこみ、空いていたスペースに通ったパスを合わされるという結果に。走りこんだ鎌田は流石なんですが、目の前で走ってるのにしっかりマークしなかったDF2人はおいおいどうなんだという話で。ボールがライン際まで行ってたので油断してたのかなと思いますが、このゆるさは致命的。

それも、後半に遠藤を変えて今野を投入し、守ろうとした矢先にこれなのでねぇ。今季のガンバはリードした後守る癖がありますが、守ろうとするたびにボコスカ点を入れられては追いつかれたり、終盤に失点するケースが急増。妙に守れなくなっています。

原因が何なのか分からないんですが、日程的な疲労なのかなーという気はしています。しかし、それだけで解決できる問題なのかと言う話でして。開幕したころから終盤に失点するの多いなーと思ってましたが、なんとあるところのデータによるとガンバ大阪の今季の失点は前半3失点・後半17失点ということで、かなり重症らしい。こんなに失点の時間帯が偏るチームも早々ないんじゃないか。もう浦和を笑えるレベルじゃねーぞ。それどころかあっちは改善してるし。

勝ちきれなかったのはパトリックが決定機を何度か外したというのもあるけども、それ以上に危ないシーンの方が多かった印象があるので何とも言えない。場合によっては何失点かしてたってレベル。特に後半は右サイドから何度も決定機を作られてヒヤリ。これで豊田が居たらどうなってたんだって話だぞホント。でも倉田が復調してきて、今試合トップクラスにパフォーマンスは良かったんじゃないすかね。そろそろ点が欲しいでござるが。

というわけでまたドロー続き。遠藤を代えてみたりDFをテコ入れしたり、変化を出そうとしているというかもがいてるというか、色々なチャレンジの意図を見せてはいるので、この状況をどこかで抜け出せれば、またもう一つ成長できるのかなと思います。次の相手が中2日でネルシーニョレアンドロを抱える神戸とかいうクッソ鬼門ですが、とにかくチームを信じます。

あとやっぱ鎌田君いいっすね。彼は正真正銘実力者だと思います。でも粗いミスもあったりするので、順調に成長してほしいっす。新人ルーキーの活躍ってのは後々落ちるリスクもあったりで、結構怖いですからね。責任もって育てろよ鳥栖!!