読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

Jリーグ2nd 第4節 vsヴィッセル神戸戦雑感

Jリーグ J1 試合雑感 ガンバ大阪 ヴィッセル神戸

ノエスタで行われた今試合、結果は2-1でガンバが辛勝。神戸はいまだ未勝利が続き、ガンバは4戦ぶりやっとの白星ということでした。

でまあなんというか、後半に失点をしなかったのは良かったんですが、試合の終わらせ方が相変わらず好きじゃないなと思いまして。たぶん数年前のガンバであれば2-1の状況で最後の交代カードを切るのであれば攻撃的な選手を入れたと思うんですが、長谷川監督はまさか宇佐美に代えて明神という守備的なカードの切り方をしました。

これまで何度か守備的な選手を入れて追いつかれる、もしくは失点と言うケースが多かったのに今回もまた同じ交代をしたので、結局監督の考えは変わらないのか、と。たぶん長谷川監督は逃げ切るサッカーを目指してるんでしょうけど、なんか逃げ切れる気がしないんですよねぇ。追加点を取ろう、という意識を監督が持てればいいんですが、ここ最近の試合を見てるとほど遠い気がしてしまいます。

そして数的有利を活かせなかったのもやや不満。退場者を出した神戸は陣形を4-4-1に変えて後ろに引きつつカウンター狙いにしたことで、ガンバが攻め込み、相手は守る展開が続いたのですがガンバ自体人数をかけた攻撃と言うのはそこまで行わず、互いに後半はやや膠着気味だった印象があります。

レアンドロがいる分カウンターが怖いのでリスキーなプレーは控えたかったんでしょうけども、もう少しアグレッシブにやってほしかった。遠藤のヒールから宇佐美がしっかり決めきって勝ち越し点を取れたのは見事でしたが、そこで逃げ切る選択をせずに追加点を狙ったアグレッシブな交代カード、プレーが欲しかったなと前述通り感じています。でまあ結局後半の終盤でも危ないシーンを作られたりして、久しぶりの勝利とは言えそこまで喜べた内容ではなかったなーという印象が残ってしまう。

正直私だけかもしれませんが、長谷川監督になって以降、ガンバの試合を「面白くない」と感じてしまうことが多々あります。まあそれでも私はガンバを応援し続けますし、これからどんな結果になってもサポーターをやめるなんてことは一切考えませんが、今のサッカーにそこまでの魅力を感じていません。なので、いつもこの手の記事を書く時には愚痴っぽくなってしまいますのでご了承ください、とだけここに記しておきますw