読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

2015ACL準々決勝2ndレグ ガンバ大阪vs全北現代の雑感と画像解説

ACL ガンバ大阪 試合雑感

万博記念競技場で行われた今試合、結果は3-2でガンバ大阪の勝利。

アウェーでガンバは全北ガンガン押し込まれていたものの、ホームでのこの一戦はお互いやや慎重な試合運びだった印象。ガンバは宇佐美を累積警告で欠いたため、4-2-3-1の布陣に1トップ・パトリック、トップ下倉田、左サイドには二川、右サイドに阿部らの攻撃陣を置いた布陣。対する全北も4-2-3-1を敷き、1トップには長身のイ・ドングク、サイドには元ガンバのイ・グノもおり、サイド突破とプレッシングを中心に攻撃。ガンバはそれをカウンター狙いで殴り返すという展開。

ただ全北、Kリーグ王者の割に細かい所が雑。2列目のプレッシング、サイド攻撃が基本の攻撃パターンになるのだがファーストプレス後の後ろのスペースを埋めるプレーが徹底されておらず、ぽっかりスペースが開くことが多かった。倉田のミドルシュートが炸裂したシーンにおいても、

f:id:gutierre:20150919154039p:plain

f:id:gutierre:20150919154052p:plain

こんな感じに。いや空きすぎだろ。それでいいのか。この後ボールを持っている倉田がそのままミドルシュートを撃ち、敵に若干当たってゴールイン。

全北守備陣はPK後にガバガバのオフサイドトラップ失敗で失点する程度にはカオスなのだが、終盤にはDFの枚数を減らしたことでますます守備が悪化すると、ロスタイムに勝ち越し弾を奪われてしまう。この守備システムでKリーグ常勝軍団なんだから結構驚き。で、そのシーンがこれ。

f:id:gutierre:20150919155253p:plain

ガンバのカウンターのシーン。だだっ広いサイドのスペースに、手を上げるパト。しかし遠藤があえて金正也へクロスを入れる。すると、

f:id:gutierre:20150919155324p:plain

このありさま。金正也がピタッとおさめると、全北はせっかく中にボールが入ったのに焦ったせいでボールウォッチャーになってしまい、裏へ走り込んだ米倉へパスが渡ると、そのままゴール。結局、全北は頑張って2点目とったのにロスタイムにガンバの決勝点をお膳立てする結果になった。

加えて今試合、パトが非常に調子が良かった。殆ど空中戦で競り負けなかったうえ、テクっぽいドリブルも披露。欲を言えば二川のパスを受けたときのカウンターは決めてほしかったけども、1点目を決めてくれたので良しとする。そして、代表行ってからかキレをました倉田のプレーは流石の一言。ちょくちょく宇佐美みたいなドリブルもやっちゃう等、ますますイケメンになってしまった模様。

だがしかし、長谷川監督の悪い癖は相変わらずで、終盤に阿部に代えて金正也を入れたのは適作ではなかったと思う。彼を起点に決勝点につながったから良かったのかもしれないが、やはり守備的なカードを3枚目に切り、後半43分に失点と言うのはホントやめてほしい。この、試合をクローズさせようとして失点するパターンはリーグ戦で幾度となく経験しているというのに...。こういうところはしっかり考え直してほしい所。

ちなみにその長谷川さんは、3点目に喜び過ぎてピッチに入っちゃったので、次戦ベンチ入り出来ないとか。気持ちは分かるけどなんじゃそりゃ。


ゴールハイライト ガンバ大阪vs全北現代 Gamba Jeonbuk Goals ACLアジアチャン ...8