読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

Jリーグ2nd12節 ガンバ大阪vs柏レイソルの雑感とちょい解説

Jリーグ J1 ガンバ大阪 柏レイソル 試合雑感

万博で行われた今試合、結果は3-1でガンバ大阪が勝利。

レイソルはもう少し細かいミスを減らせなかったのか、それに尽きる。カウンターをこの試合で何度喰らったのか。そしてそれがなぜ修正されないのか、という。相手陣地に入り込んで縦パスが入ればチャンスになるけど、そこに行くまでの道程が長い。繋いでる間にプレスを掛けられてカウンターになって、流れるようにガンバにチャンスが来てしまう。吉田監督はもうちょっと考えた方がいいかもしれない。

そして恒例のガンバ得点シーン振り返り

f:id:gutierre:20150926181947p:plain

ここまで人数が居て誰も阿部を見ないのはもはやコント。まあよく反対側まで倉田が見ていたなと言うシーンではあるのだが、一人でも阿部についていれば結果は違ったと思う。

f:id:gutierre:20150926182057p:plain

若干見づらいけど我慢してちょ。このままクロスが渡って阿部がボレーシュートを決めて先制したわけだが、レイソルはほんと、もう少しどうにかできなかったのだろうか。ここまで他の選手につこうとしないのはどうなのだろう。大体倉田がサイドに流れた時点でボールに食いつく人数は調整すべきだったはず。一応数的有利だし。もし誰か一人でも阿部についてれば、あのシーンでボレーを撃たれたり、少なくともあんな綺麗にゴールをぶち抜かれることはなかったはず。

で2得点目。

f:id:gutierre:20150926182320p:plain

これはキムチャンスと近藤がフォーカスされやすいシーンだが、一番まずいのは阿部の前に居る柏守備陣(名前分からん)。背後に居るのに殆ど気づいていなかった。そしてこのシーンであのスピードのバックパスを入れるのは無責任というもの。

f:id:gutierre:20150926182440p:plain

結局阿部がマークを外して抜け出し、トラップミスを拾い、切り替えして左シュートでゴール。ただの自爆だったけど、ここは阿部をほめるべきシーンでもあるのは確かかな。

そして3得点目。これは突破した米倉、コントロールして決めた宇佐美が流石なんで殆ど防ぎようがなかったのかもしれないが、ちょっと疑問だったのでスクショを上げておくと

f:id:gutierre:20150926182646p:plain

いやだから、なんで米倉に3人ついてて宇佐美に1人もついてないのよと。一人が宇佐美についていればパトの落としはそもそも渡らなかっただろうし、宇佐美はこれくらいのシュートレンジなら難なく決める選手なわけで。まあ相手の守備にガンバサポの筆者があれこれ言うのはおかしいかもしれないけども、ところどころ目についたので書いておきたかった所存である。カウンターを受けるテイのサッカーをするのであれば、それに対する守備意識、技術は持っておくべきだろうにここまで守り方が組織できていないとなるとなんだかなあと。逆に言えば、これさえ修正できればかなり良くなるわけだが。

ガンバとしてはパトリックが好調だったうえ、全体的に1週間空いたことで疲労が緩和されたのもあり、動きにキレがあった。そして得点に乏しかった2列目が今試合一気にゴールに絡んだのは大きな収穫。しかし後半に失点する癖は相変わらずで、そこさえ修正してくれればもっと上に行けそうなのだが。宇佐美→明神のカードの切り方もやっぱり好きじゃない。

とはいえ苦しい局面で宇佐美がしっかり決めてくれたのはチームとしても個人としても大きかったのではなかろうか。こうして点が取れる感覚が身についたうえで次のACLでは広州と戦うわけなので、面白い試合を期待したいところである。