読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

Jリーグ2nd第32節 ベガルタ仙台vsガンバ大阪の雑感とゴール解説

ガンバ大阪 Jリーグ J1 試合雑感

ユアスタで行われた今試合、結果は1-3で無事ガンバの勝利。

 F東が派手にやられてくれたおかげで勝ち点2差に縮まり、今回の勝利で年間順位3位以内に復活。去年を思い出す追い上げだが、またこの試合もそれを象徴するような試合。何よりACLでの敗北を引きずりそうなこの試合で、内容も良く勝てたのが何よりい所だったのではないか。メンタル的にもまた一つ成長したかなと思う。

試合通して良かったのは、パトが良く競ってたことと、セカンドボールをしっかりものにできたこと。広州のリンペンみたいな強くてガツガツ来るようなDFとか、他アジアクラブの粘り強い守備を経験した後だと、今回は中々生ぬるく感じたのかもしれないw。何と無くだが、ACLを経験して躊躇いなく球際で強く行けてるような気もした。

そしてパスもリズムよく繋げていたのが良かった。セットプレーの失点はもう仕方ないとして、そこをカバーできるほど点が取れたのは大きい収穫になったんじゃないかな。代表に行ってからのくらしゅーもキレッキレで、今試合一気に活躍。ガンバのSHは最近この時期に調子上げてきたけど、長谷川監督がコンディションを調整してるんだとしたら震えちゃうな。

では恒例のアレ。暇人とか言うなー。

f:id:gutierre:20151025194240p:plain

やたら宇佐美に対して警戒してた気がする今日の仙台守備陣。いやまあどのクラブも警戒してはいるんだけど、なんかその集大成みたいなゴールだったなと。見ての通り仙台DFはいわゆる”宇佐美ウォッチャー”になっていて、これがなんかずっと続いてた。

f:id:gutierre:20151025194623p:plain

構えよとばかりに走り込む倉田。パトリックがこう結構なスペースの真ん中で待ってるシーンは久しぶりかもしれない。というかサイドに追い込んでるのに3人もつける必要あるんすかね。誰かパトにガッツリ付くくなりすればいいのに、と思っているとクサビが通ってワンツーで宇佐美が抜ける。

f:id:gutierre:20151025195015p:plain

この上の3人宇佐美好きすぎでしょ。そして

f:id:gutierre:20151025195225p:plain

こうなりました。コントかよ。ただこのゴール、宇佐美がワンツーで抜けたとき、結果的にDFが弾いてくれたからモノになったけど、もし弾いてなかったらどうなってたんだろう。ここで弾く、って予想して折り返し入れてるなら大したもんだけど、ためてパトに当てるって選択肢もあったんじゃないかとちょっと思ってる。まあ点になったからいいか(丸投げ)

毎年この時期に調子が上がって来てるのは、前述通り長谷川さんの操作、もとい調整がありそうだと筆者は踏んでいるわけだが、色々ワクワクしちゃうほど今回の内容は良かった。仙台が若干モチベ低いのかなって気もしたけど、それにしてもよく繋げてたし、近い広島戦、そして他のタイトルに向けてもっと調子を上げてほしい所。単純にSHの運動量が多いので、涼しい気温がいいだけかもしれないが。

ACLの悔しさがいまだに晴れないけど、来年出られないのはもっとまずいので引きずってられない。ただその意識はやっぱり選手たちの方が何倍も強いなって、今回のプレーを見て感じた。内に秘めた熱さ、気迫を感じる。後ろを見てる場合じゃない、と奮わされるというか。去年を彷彿とさせる追い上げにグッときそうになるけど、まだこれからが本番。取れると決まったタイトルは今の所一つもないし、まだまだシーズンは終らねえな!!と思った次第。

ただ不安要素、というか心配要素を上げるなら、やっぱ赤嶺かなと。さすがに一点くらいは決めてほしい。チームがパト、宇佐美仕様になって来てるのは否めないし彼自身点で合わせるプレーが得意なのにそれらしい活かし方が出来てない、というのはあるかもしれないけど、ここまで決められないと辛い。終盤の後数分ってところで出されてばっかりだから仕方ない面もあるけど。今回古巣として仙台とあいまみえ、彼はいったい何を思うのだろう...。