読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

2016 ガンバ大阪選手紹介「新スタとともにガンバろう」GK・DF編

お久しぶりです

f:id:gutierre:20160218140951j:plain

GK#1 東口順昭

3冠シーズンでもとびっきりの活躍を見せた東口だが、昨季はさらにさらに光を増してもはや「今までのGKとはなんだったのか?」「ガンバのGK芸はどこへいったのか?」と思わせる活躍ぶり。キャッチ後のボールブン投げと、安定した素早い反応・セービング、ハイボール処理などはもはや神がかり的なものを見せる(しかしミドルシュートには若干弱い模様)。たぶん東口が居なければ10試合強くらいの白星は黒になっていたかも。今季も守護神としての活躍に期待大。

 

f:id:gutierre:20160218141539j:plain

GK#18 藤ヶ谷陽介

復帰してきた破壊神はガンバでの久しい(と言っても1年くらいしか出てないけど)1シーズンを終えた。ベンチにいる機会が多かったが、東口が代表に居る間のナビスコ杯などではその真価を披露。写真の名古屋とのPK戦では順番が1周するまで一度も止めることなく、最後に自分がPKを決めて勝利するというトンデモ芸を見せてきた。まだまだ藤ヶ谷陽介は健在である。今季もその破壊ぶりを見せてほしい。というか昔からガンバを見ている身からすると、彼がゴールマウスに居る姿がしっくりくる。

 

f:id:gutierre:20160218141845j:plain

GK#31 林瑞輝

J-22などで頑張っているユース上がりのGK。世代別代表としてもプレー経験がある。182cmとGKにしては身長はそこそこだが、身体能力や反応で補うタイプだろうか。まだ若く成長を期待される。

 

f:id:gutierre:20160218142156j:plain

DF#3 西野貴治

こちらもユース出身DF。イケメンで身長も187cm、世代別代表にも選ばれる実力者。空中戦に強く、また読みが良いなど守備力も高い。だが怪我が多いため出場数も多くなく、安定感にも若干かけている。しかしこちらもまだ若いので、今季また一歩成長してほしい。

 

f:id:gutierre:20160218141011j:plain

DF#4 藤春廣輝

疾風の左SB。足が速く運動量豊富でクロスの切れ味も高い。昨季の浦和レッズとのCSでは素晴らしいボレーシュートを決めて劇的勝利に貢献した。また日本代表にも何度か呼ばれているのだが、最初に召集されたときはガンバサポーターもつい驚愕。彼のデビュー戦はサポーター皆わが子を見守る気持ちでいたのが容易に想像できた。活躍に期待。

 

f:id:gutierre:20160218142552j:plain

DF#5 丹羽大輝

アビスパからのレンタル復帰して以降はチームの大黒柱としてプレー。読みの速いカットや競り合いの強さなどを見せ、CBとしてのポジションを不動のものとした。代表にも選ばれているが、こちらもまた初めは若干の驚愕の声を浴び(ry しかし代表に選ばれてからますます輝き(主に髪のテカり)をまし、やっと日本代表感が出てくるようになった。なお、CS浦和戦ではゴールポストを利用したセルフカウンターという奇抜な発想を見せたが、ガンバ側としては心臓が止まるような瞬間を提供されることになった。その後コメントで「サッカーの神に愛されている」と話したが、東口からは「自分で言うか」と突っ込まれた。年齢は30だが、なぜかまだ若手感が漂う選手。

 

f:id:gutierre:20160218142529j:plain

DF#6 金正也

なんか写真がなかった。ごめん。やっと存在感が出てきたCB。試合に出るたび良くなってるような気はするが、不安定さはぬぐえず、こちらもCS浦和戦では終盤にひやっとする凡ミスを見せ、以後「スパイ」と呼ばれるようになった(なお丹羽もスパイ仲間の模様)。今後また日程が厳しくなる中で、レギュラー獲れるくらいになってくれればいいのだが。

 

f:id:gutierre:20160218142652j:plain

DF#8 岩下敬輔

ガンバ大阪のチンピラ担当。ACLで普通に中国の選手蹴ったり言い合いになっても一切引かなかったり(言葉分かって無い)、広島戦でのエルボー事件が物議を醸したりなどそのチンピラ感は健在。基本この人がファウルを侵すとブーイングが他の選手より1.2倍くらい多い。でも結構いい人で、練習とか行くと笑顔で接してたりする。愛称は王子。

 

f:id:gutierre:20160218234025j:plain

 DF#14 米倉恒貴

攻撃的なプレーが持ち味の右SB。西野とイケメン担当。こちらも藤春、丹羽らと同じタイミングで代表デビューしたが、そこでなぜか今までも殆ど抜擢されたことのない左をやらされるという理不尽な扱いを受ける。しかしなんとかアシストに成功するという好プレーを見せた。クラブでもベスト4がかかった全北との試合で試合終了間際に滑り込んでの決勝ゴール、CSでは藤春のボレーをアシストするなど印象的な場面で活躍を見せ、今季も期待がかかる。

 

f:id:gutierre:20160218142830j:plain

DF#22 オ・ジェソク

今季は怪我だったりで出番が少なかったが、守備力の高さに定評のあるSB。韓国のロンドンオリンピック代表。Kクラブの選手とやりあえる強さを持っているので、今季も安定感のあるプレーに期待される。

 

f:id:gutierre:20160218142949j:plain

DF#35 初瀬亮

ユース上がりの新人SB。こけら落としでまさかの先発だったが。意外の好プレーを披露。デジっちでもなぜか水着を着て色々はっちゃけるというある意味好プレーで、OA後宇佐美にブログで「MVP」と称賛された。今後もSBとして加地亮との「亮の系譜」を繋いでほしい(なお読みは違う)。

 

f:id:gutierre:20160218143110j:plain

DF#32 野田裕喜

Uー17代表の若手DF。大津高校出身で、同じく世代別代表の一美和成とともに加入。ロアッソでのプレー経験もあり、成長待ち遠しい選手。

 

あとでFW・MF編書きます。