Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

2016-17 何の参考にもならないJ1順位予想(年間) 18~9位

いつものやつ。

基本的にほとんど当たりません。

 

18位 アビスパ福岡

正直このチームは分からない。もしかしたら残留するかもしれないけど、J1での戦い方は井原監督もあまりわからないだろうし、選手たちもJ2歴が長いのが大半なので、順応するのがどれだけ早いかで決まりそう。

しかし、やっぱり序盤は苦しむと思う。GK中村の放出が痛いが、イ・ボムヨンを獲れたので穴を小さくすることはできたと思う(どんな選手か知らんけど)。中盤はダニルソンが加入して前線にはウェリントンもいるという事で、しぶとくやればもしかしたら残留も決して夢ではない。今までのプレーオフ組と比べると一番期待できる。

 

17位 ベガルタ仙台

六反が残留したのはよかったが、鎌田が抜けたのは痛手なような。とはいえ平岡や大岩で何とか穴を埋められた感はある。

ウィルソン、ハモンロペスの残留は大きくキムミンテも普通にいい選手なので上手くやりくりできればもう少し上がる可能性はあるが、それでも厳しい戦いを強いられると思う。水野や三田の加入がそこまで大きくプラスをもたらすイメージは浮かばない。

 

16位 名古屋グランパス

プライズ降格候補。小倉監督にはどうしても不安がぬぐえず、サポーターも戦々恐々としているだろう。ただ間違いなく一番不安なのは小倉監督本人なのは言うまでもない。

クラブとしても大きな賭けに出たが、まあ厳しいでしょうと言う予想。シーズン通して守備の要として、終盤には攻撃の中心としても活躍した闘莉王が抜け、ニッキと佐藤も満了しCBの層がすっからかん。しかし安田、明神の加入はプラスになるだろうとして、オーマンは謎。

シモビッチはこけら落としを見る限り、完全な放り込まれると頑張る系選手なのだが如何せん能力の高いサイドクロッサーがほとんどいないため、そんなに活き無さそう。という事でこの順位になった。ただ攻撃陣のタレントは代表級が二人いるわけで、もう開き直って前線にFW永井川又シモビッチ並べてガンガン放り込むのもあり。

 

15位 ヴァンフォーレ甲府

佐久間監督に代わって何とか残留を決めたが、今季もスレスレと予想。何より伊東、下田のコンビに阿部拓馬マルキーニョス・パラナと主力がごっそり抜けてしまったのがとても痛い。他にニウソンとかジウトンとか獲ってきたけどこの辺は未知数。結局5バックでガッツリ引いて1点を守りきるコウフチオ(雑)で勝ち点を稼げるかどうかが鍵になるだろうか。っていつもと一緒じゃねえか。

 

14位 アルビレックス新潟

ヤンツーが退任し、やってきたのはレイソルを首になったタッツマー。パスサッカーをやりたがる人だが如何せんそういうサッカーをするには人材が足りない。昨季は指宿と山崎のカウンターを中心にやってきただけに突然志向を変えたら上手くいくイメージはわきづらいわなと。ただレオシルバとか小泉慶とかマツケンとかそれなりに個のある選手はいると思うので、それをどう活かせるかどうか。

 

13位 湘南ベルマーレ

この辺は予想がほんとに難しい。一応中位くらいかなとこの辺にしたけど、もうちょっと上がる可能性もある。永木、遠藤と言った超主力級が抜けたのは大痛手だが、監督が残ってくれたのは大きい。キジェ監督のことなので降格圏に沈むイメージは浮かばない。その上放出組はその二人以外は殆どおらず、下田や端戸など普通にプラスになりそうな選手を獲得したので、上手くやれば上位陣とも戦えるだろうと推測する。今季もずっと走り回るんだろうなあ。もう少し上がる可能性も高いチーム。

 

12位 柏レイソル

難しい。こっちも中々難しい。クリスティアーノ、工藤、鈴木大輔などの主力がごっそりと放出し、監督もミルトン・メンデスというどこの誰だか分からない人が就任。しかし補強は中々良くて、DFに鎌田、FWに伊東、そしてスポルティングで干されていた田中順也が復帰と放出組に見劣りしない穴埋め補強。ジュリアーノ・ミネイロディエゴオリヴェイラは未知数なので判断しづらいが、こちらも上位進出の可能性があるチーム。予想って難しいっすわ。

 

11位 大宮アルディージャ

こっちも難し(ry 主力の放出はカルリーニョスぐらいでほとんどなく、多くの選手が残留。特に家長、ムルジャの攻撃陣の残留が大きい。そして獲得組には千葉で活躍したスロベニア代表のネイツ・ペチュニク。オフェンスに関しては十分J1レベルのタレントがそろっているが、あんまり躍進しているイメージが浮かばないのでここにしておいた。何かごめん。予想を裏切る活躍をしてほしい所。

 

 10位 ジュビロ磐田

もう少し下がる可能性もあるかなと思いつつここにした。駒野、伊野波といった主力守備陣が抜けたのが痛い。しかし川辺、森島、カミンスキー、アダイウトンらの残留が大きく、特に川辺はもう戻されてもおかしくなかっただけによく延長できたなと思う。獲得組には高木や中村などプラスな補強をしたことで、攻撃陣の活躍次第で面白くなりそう。たぶん中村のクロス→ジェイのヘッドと言うパターンが増えるかと。しかし、おそらくジェイの単騎特攻、というか個の力が及ばなくなったときはもう終わりだと思う。名波さんもJ2では割り切って戦術外国人でやって来てたので、それが封じられたら下がっちゃうかもなと思う。もしくは故障もマズイ。

 

9位 ヴィッセル神戸

タレントはいるのになぜか勝てない神戸。しかし今季も豪華な補強になり藤田、伊野波といった主力級を獲得。石津もレンタル延長に成功した。しかし、ベテランのマルキーニョスや若手の森岡、キャプテンのチョン・ウヨンといった中心選手が抜けたのは痛く、DF増川の放出もやや響きそうな予感。そこは村松や田中雄大で補おうとしてる感はあるが。ただ監督ネルシーニョでペドロやレアンドロや小川や渡邊がいて昨季の様に落ち込むことはあってはならないので、ここにしておいた。

 

続きます。