読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

ありがと宇佐美

宇佐美貴史

宇佐美がアウクスブルクへの移籍秒読み段階らしいですね。

個人的な話

思えばJ2にいた頃ドイツから復帰して、そこからかなりいろいろな面でガンバは彼に助けられていたなと思います。彼は周囲の期待の眼差しを浴び続け、常にプレッシャーと戦いながらゴールを奪ってきた。最近は得点力不足感は感じるけど、動きは全然悪くないし、つい前の試合で決めたGKの頭上を越す吹田スタジアム初ゴールを見るとやっぱり、「宇佐美サイコーーー!!」ってなります。

残って欲しいという気持ちは勿論あるし、今行って大丈夫なの?という不安もありますが、ずっっと前から海外志向は強かったし、今のガンバじゃタスクに追われて活躍できてない印象もあるし、何よりガンバユース最高傑作の更なる成長として、是非移籍して頑張ってほしい所です。
課題を上げるとすれば多少のハードワークが出来ても守り方が下手、プレー全体において詰めの甘さがあるとこですかね。シュートの精度やドリブルのキレはいい感じなので期待できそう。ブンデスリーガで日本人が輝くのはアジリティの高さだと思うので、存分にテクニックを生かしてほしい所です。

アウクスブルクについて色々

アウクスブルクブンデス1部の中位チーム。一時期は上位に進出したものの、昨季は低迷して12位。布陣は大体4-3-3か4-2-3-1。アジア圏の選手だと韓国選手が3人いて、中でもチ・ドンウォンク・ジャチョルは主力級。中でもジャチョルはチーム得点王。
FWは1トップにボバディージャや、ソシエダからレンタル中のフィンボガソンがいて、宇佐美がおそらくポジションを争うであろう左サイドにはブラジルのカイウビーがレギュラーとして居座っています。調べたらカイウビーはサンパウロコリンチャンスなどの名門に在籍した経歴があり、アウクスブルクに移籍してから2年間レギュラーということで、かなり壁は厚そう。
全然このチームは注目してないので戦術とか全然よく分からんのですけど、成績が不安定なのを見ると余裕を持って使ってくれるわけでもないでしょうし、とにかく起用されたら即アピるしかないでしょうなーというところ。とにかく頑張ってほしい。

まとめ

アウクスブルクは強いチームではないですが清武なんかを見てれば、結果を出せばそれなりのオファーがもらえるというのがヨーロッパであるとすぐにわかるので、周りと差をつけられる、確固たる実力があれば移籍先なんてそんなに関係ないだろうと思います。ハノーファーアウクスブルクとは比べ物にならん崩れっぷりですからね。彼は国内の選手の中でもかなり個にこだわってるので、とにかく粘り強くやってほしい。でないと未完の大器だなんだと言われてしまうし。
まあとにかく私が言いたいのは、家長ルートだけはやめてくれよ!ってことです。そして欧州に行くからには、必ず活躍して爪痕を残してほしい。才能は間違いない選手なので、是非欧州の地で花を咲かせてほしい所ですね。