Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

ユーロ2016準々決勝 イタリアvsドイツの雑感

ボルドーで行われた今試合、結果は1-1からPKでドイツが辛勝。

ドイツを優勝予想にしていた筆者からすると、今回の試合はホッとしたなという印象。

イタリアが思ってた以上に手強いというか。ブッフォンバルザーリボヌッチキエッリーニらDFの能力がシンプルに高く、ドイツはかなり手を焼いた。強固なブロックを敷いて対応していたのでどっかでバテるのでは?と思ったがそんなことはなく、ドイツの縦パスや好機をつぶし続けた。結局ドイツは終始突破口を見つけられなかった。

そして恐ろしきはジャッケリーニ。どっかさっかあっちこっちと走り回ってはドイツをかき乱し、ロングボールはぴったり収める謎テクを見せるなど存在感を見せた。彼が相手をひきつけ、また引っ張ることで各場面で数的有利を作るなど活躍。調べたら結構歳いってたのでびっくり。主にイタリアはジャッケリーにらの中盤が走りながらペッレ、エデルに当てるのが主な攻撃だったがその多くをつぶされ、中々攻めあぐねていた印象がある。しかし、ボアテングの某チハタン学園を彷彿とさせるバンザイでPKゲット。救われたような形で1点を得た。

ドイツはスタメンは4バックだったけど、試合見た感じ5バック気味の布陣。にしてもフンメルスボアテングノイアーのビルドアップは相変わらず圧巻である。DFのくせに彼らの縦パス一本で一気にチャンスができるなど、恐ろしいフィード・パス技術。

また守備時に人員を割くことでイタリアの攻撃を妨げ、冷静に対応した。そういえばドイツってゼロトップに挑戦してた記憶が勝手にあったが、気づけばマリオゴメスが最前線だったのは少し驚き。欧州の試合見てなさすぎですね、反省。

基本ドイツがボールを支配していてチャンスの数もそれなりに多かったが、イタリアはかたーい守備にGKブッフォンと言うお互いしんどい展開だったので、PKまでもつれるというのはまあ納得できた結果ではある。イタリアなんかはカードも運動量も多く特に消耗していただろうし、最後の最後で燃え尽きた感がある。仮に今回勝ち進んでいたとしても、先の試合であっさりやられる展開しか見えない。

でもなー。まさかなー。ザザがなー。あんなカエル助走から大宇宙は予想できなかったよ。 万全な状態だし、確実に決めるだろうという人選のはずが大外し。おそらくここまでプラン内にあったであろうコンテにとって唯一の大誤算だったのではなかろうか。そしてドイツの勝ちを確信した筆者の目に飛び込んできたのは、今試合一度も見たことないような渋い表情シュバインシュタイガー。「あれ?これもしかして....」と思ったらホームラン。もうね、寝かせろよという気持ちでいっぱいでしたよ。結局お互い決めて外してを繰り返し、最後ノイアー無表情セーブからヘクターの成功で勝利。ブッフォンの涙が少し心に沁みる。

ゴール数は少なかったが、何かと味わい深い試合だった。決勝戦が楽しみ。ちなみに反対の山はウェールズに期待してます。はっきりいってあの程度の内容のポルトガルが進んだって面白味ないのでね。