Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

映画「シン・ゴジラ」の月並みな感想(微ネタバレあり)

やっと見ました。以下ネタバレ注意。

f:id:gutierre:20160809211441j:plain

いやー、面白かったという月並みなことしか言えない程度には語彙力がないですけど、ほんとに面白かったです。

エヴァ好きとしては、BGMを鷺巣さんが手がけていて、監督・脚本庵野さんということでエヴァ感を感じられたのが良かったです。ヤシマ作戦BGMはモロでしたし。てか「ヤシオリ作戦」ってのが作品内で出るんですけど、これ完全にオマージュしてますもんね。個人的にキャラ的にもあの石原さとみ演じるパタースン家の人がアスカとかぶって、科学者の人はレイポジションかなーという。もう「庵野節」炸裂やんけ!!って印象でした。

また監督には進撃の巨人の樋口さんも加わって製作されたそうで、もうこういう「圧倒的絶望に人類が立ち向かう」という作品を作るには最高の抜擢ですよね。この監督名だけで面白いに違いないという確信を持たせてくれました。

作品の印象と見所

この作品はやはり広告にもある通り「ニッポン対ゴジラ。もうほんとにまんまです。ただ怪獣を退治するだけの映画という言葉ではとてもじゃないけどまとめられず、現代でゴジラが現れたら政治家や、官僚、日本政府はどう動き、どんな指令を下し、また自衛隊もどう対処、対応するのかと言ったところをかなりリアルに、そして綿密に描いています。

なので、とにかく情報量が多いのが特徴。何度も画面が切り替わっては色々な人や場所が映し出されます。ボーっと見てると何が起きてるのか分からないくらい。とはいえボーっと見ていても展開や内容は何と無く汲み取れるので、何ら問題はありません。

そしてそういったところを具体的に、リアリティを持って描く分ゴジラの出番はそんなに多くありません。会議室のシーンとゴジラの出番の割合は7:3くらいです。ほんとに。でもそんな少ない出番でも、ゴジラは強烈な存在感を与えてくるのです。

まず今回のゴジラは、一発目から完全な姿を見せません。海から現れた後地上に適応する段階があるため、最初のゴジラは何かキモイ怪獣として現れます。そして適当に東京の街を走りながらぶっ壊した後、一旦海に帰ります。その後、何度か形態を変えて第4形態として、完全なゴジラが現れます。すっげーデカいです。

そして何より強烈なインパクト、絶望感を与えてくれたのが放射熱線ビームゴジラがマジでヤバイ(語彙力0)存在だということを理解させるのに十分すぎるほどその威力は圧倒的。筆者の心境を表すと、

<ビーム撃つ前>「うわー、ゴジラかっけー!」

<ビーム撃ち始め>「おーすげー」

<ビームで破壊し始める>「え、ちょ...」

―数分後―

<ビーム撃ち終わり>「(絶句)...」

マジでこんな感じああ、そこまでいっちゃうの...という完全なチートっぷり。またそのシーンで監督らしく、神々しい落ち着いたクラシック調BGMを入れて来るのでその絶望感はなお増します。こういう演出の仕方は流石だなーと。ここはほんとに見どころとして推します。ちなみに今回の放射熱線ビームは口からだけでなく、尻尾や背中のギザギザからも出てくるのでチート感倍増。

あとは、戦車好きとしては自衛隊ゴジラ駆除しようとするシーンで10式戦車が動いてるのを見られたのが良かったです。他にもいろいろな兵器が出てきて、ミリオタには結構楽しいシーンがあったなと思います。

総括

この映画は万人受けする作品ではないかもしれませんが、でもそんなのは関係なく、是非見てほしい。怪獣と言うものを生み出した日本でしか造れないような超大作です。これだけ素晴らしい怪獣映画が生まれた日本に住んでいることを誇りに思えるくらい。

その上にこの作品には現代の日本に対する風刺、また日本を奮い立たせる希望も込められ、見所満載、見ごたえたっぷり。見ていない人は一度だけでもいいので見てほしい、そう心から思えた名作でした。


『シン・ゴジラ』予告2