読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

ロシアW杯アジア最終予選・日本代表vsUAE代表の雑感「ファーをねらえ!」

埼スタで行われた今試合、結果は1-2で日本が敗北。

イヤー悔しい、クソみたいに悔しい。負けちゃいかん戦いだったのは間違いない。負けていい試合は一つもないが、特に負けてはいけない試合だった気がする。それはアジアカップで負けた悔しさをいまだに引きずり続けている日本代表にとってということもあるが、何より初戦は大事なわけで。

スタメンは4-2-3-1でボランチに大島が初先発。大丈夫か?と不安だったが、まあ割と大丈夫じゃなかった。大島の守備は確かに軽かったんだが、まあそもそも大島にかかる守備の負担がデカいのだが、それによって寄せの甘さも際立っていた印象がある。左サイドの清武はやはり調子が良く、ドリブルやクロスの精度は高かった。惜しいシーンを決められなかったのが残念だったが...もはや彼中心のサッカーでもいいんじゃ思えるほど、随所で輝いておりポイント高め。布陣はボールを保持している時は前線が4人並ぶことがあり、SBも上がると2-4-4気味になっていた印象。

で、試合全体としては、どうして逆戻りするんだ!と私が選手なら叫びたくなるような展開だった。しかし、序盤はそういう訳でもない。むしろ序盤の方がいい動きをしていた。

最初のゲームプランとして、サイドで繋ぎながらファー裏に入れることでチャンスを作る、という狙いが見えたように思う。相手が食いついてきやすくボールウォッチャーになるので、割とファーの選手が空くことが多かった。画像で例を出すと

f:id:gutierre:20160902154352p:plain

左サイドで香川が清武にパスをだし、岡崎と本田がDF2人を引っ張りながらゴール前に入る。調子のいい清武さんは対峙した相手のSBを簡単にかわすと、クロスの体勢へ

f:id:gutierre:20160902154641p:plain

岡崎、本田についていったDFは「まあついときゃええやろ...」と言った感じでボールの方を見る。岡崎はそのまま正面ゴール裏にはいると、くぎ付けのDFの裏にスペースが空く。そして上手く視界から外れて本田さんが入り込み、それを見た清武がすかさずクロス。

f:id:gutierre:20160902154944p:plain

それを受けた本田は岡崎へ折り返す。惜しくもゴールにはならなかったが、チャンスを作ったシーンだった。中、サイドと回しながらファーに出してチャンス、いい具合に相手の隙を突いたやり方だったかなと。

ハリルさんが狙ってたものの一つはこういう事だと勝手に思っていて、他にも割と似たような形が多くあった。このやり方をガンガンやって行けばどっかで点が入るはず...。そうは思ったが、実際そうはならないのが日本代表。試合が進むにつれてだんだんと足元に偏り始める。もとより周りが見えていなかった香川さんだが、中央思考が悪化し、試合が進めば進むほど真ん中を突破しようとガンガン足元に欲しがって繋いでは、あと一歩という所で点が入らない。

大島もどちらかと言えば中央に縦パスいれたいタイプのプレイヤーだし、さらに効いていた清武を下げてこれまたカットイン大好き宇佐美さんがはいって交通渋滞。サイドを使う機会は減り、たまに仕方ないように使う程度で、しかし出してもフォローが来ない。原口がせかせかと働いていたのが印象的だった。

そんなこんなで後半入ってから得点を奪えず、浅野を投入。完全に引かれてスペース無いのに裏と快速命の彼を入れたのも謎...。しかしそれなりに頑張ってプレーはするが、彼のゴールは誤審にかき消されてうやむやに。もう踏んだり蹴ったり。最終的には追いつくことすら叶わず逆転負けとなった。

最後の方はもうガンガン放り込み。ハーフナー呼べってレベル。でも多分その辺はハリルさんは指示してなかったと思うし、自分たちのサッカーという日本代表永遠の幻想を追い始めちゃったのがアレ。フランス大会以来初戦敗北したチームはW杯出場率0%らしいが、5回に1回負けたくらいだしなんとかなるだろ、と思うと同時に、こんなサッカーやっててオーストラリアや韓国を下し、本大会で世界の強豪と戦うことが出来るのか?と、結構疑問に思う事でもある。

とにかく、6日のタイ戦は絶対勝ち点3だけを取ってください、頼んます。