読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

ルヴァン杯決勝 ガンバ大阪vs浦和レッズのガンバサポによる雑感

ルヴァンカップ改名後初の今大会、結果はPK戦の末レッズの優勝。

 ガンバサポの筆者からすると中々悔しかったと同時に、何か納得できたような結果にも感じる試合だった。どことなく長谷川サッカーの限界を感じたというか。

前半はガンバはいい感じにボールを回せていて、今野と井手口のダブルボランチを中心に守りつつ、素早く攻守を切り替えて裏にボールを出す、という形。レッズはいつも通りボールを持つ展開が多くガンバのアタッキングサードでボールを回しながらプレーすることが多かったが上手く前にボールが収まらず、あまりチャンスを作れなかった。

そんなこんなで立ち上がりの良いガンバは中盤でごたごたになってこぼれたボールをアデミウソンが拾い、だらだら戻る森脇らを置き去りにして独走ゴールで先制点をゲットする。完全にぶっちぎったがアデミウソン上手すぎっていうゴールだった。あとボール拾ってちょんっと出したヤットさんもさすが。

その後もややガンバ優勢なペースが続いて前半が終わった。

しかし一筋縄で終わらないのがレッズであり、後半に入ってから一気にチャンスを増やしてくる。前線はボランチを引きだすような動きや、主にガンバ側右サイド、米倉の位置を中心に狙うプレーが増える。時間が経つにつれてガンバは体力の消耗も顕著に表れるようになり、一気にレッズペースへ。

特にレッズにボールを奪われるシーンが増えるようになり、前にボールが収まらず、簡単にサイドのスペースを突かれてはチャンスを作られ続けた。そして結果、交代で入った李忠成にセットプレーで決められ同点。東口がCKの際に目測を誤ったように見えたが、米倉も全く競ることが出来ておらずあっさり決まった。

その後スコアは動かず延長戦に入る。互いに体力を消耗しているのもあって選手の動きのキレが落ちていく中後半に入って守りっぱなしであったガンバに対しレッズは優勢に攻める。ただあと一歩と言ったところで決めきれず、ガンバもゴヤのあと数センチでゴールと言う惜しいシーンを生み出しながらも結局勝ち越せないままPKへ。最終的には激甘コースに蹴り込んでしまったゴヤのシュートを西川がはばみ、4-5でレッズが勝利を決めた。

雑感

前半はよく対処できていたものの、後半レッズがギアを上げてきて、疲労度が高くなったガンバはそれに付いて行けず、リーグ戦で大敗したように右サイドを蹂躙される結果に。代表帰りで不調なジェソクを使えず、守備に弱い米倉を置いたが関根、高木にチンチンにされる始末だった。米倉は攻撃面ではかなり貢献できる選手だが今回は変なクロスを上げちゃったりと、なんだかなあと言った印象。ただリーグの様に守備崩壊はしなかったのでまだ修正はできてたのかなとは思う。まあ勝ちきれないと意味ないんだけど。

ガンバ側の狙いはざっくり言うと全員守備から高速カウンターと言ったところかなと。これは後半でのシーン。

f:id:gutierre:20161016185540p:plain

関根が奪って高木がクロスを上げ、クリアした段階で自陣に8人が戻っている。そして倉田がボールを持つ。

f:id:gutierre:20161016185655p:plain

さっきまで自陣に居た長沢が一気に走りだし数的有利を作る。その後大森へパスを渡す。

f:id:gutierre:20161016190517p:plain

長沢がおとりになってDFを引っ張ることでフリーの倉田へのパスコースを作る。

f:id:gutierre:20161016185931p:plain

そしてボールが渡り、倉田がシュート。結局西川のナイスキャッチでゴールはならなかったとはいえ、いい形だったかなと。特に守備の場面から一気に走り出した長沢がチャンスメイクに絡んでいたのも良かった。アデミウソン下げたのは痛かったようにも思うけど、セットプレーの守備もできるし、こういったプレーもできるという点でやはり長沢は優れた選手だなーという印象。

試合通してガンバはそれなりにプラン通り進められたと思うが、それによって勝つことが出来なかったという面を考えると今のサッカーには限界があるようについ感じる。

そして年々課題を修正し、シーズンを経るごとに隙をなくしていくレッズとの差を顕著に感じた。で、その集大成がこの試合なんだと思う。PK戦負けなので完全な負けとは言い難いけど、内容面で評価すると惨敗だった。本当に。正直今のスタイルにはあんまり希望を感じない。とはいえ、長谷川監督の次にふさわしい監督が見つからないのも事実。どうにか改革を期待したい...。何にせよ、レッズは本当に素晴らしいチームだった。ぐうの音も出ません。

あ、あと、今試合のMVP選ぶとしたら井手口、アデミ、ジョンヤあたりかなと。失点を最小限に抑えたという点で守備陣の貢献は凄まじい。井手口のボール奪取と圧倒的な運動量は流石の一言。20歳とは思えない。というか、あと何年ここに居てくれるだろうか...という。

あと今回はジョンヤがかなりキレッキレで、岩下の代わりと言うポジションからレギュラークラスに成り上がれたように見える。そしてアデミウソンは彼のゴールがなければ延長にすら入れなかったので言わずもがな。悔しい戦いだったけど見ごたえもあって面白かったですなあ。(少なくとも去年の虐殺劇に比べれば断然...)