読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fußball Tagebuch

ガンバと代表と欧州サッカーと、たまに趣味のこと。

W杯アジア最終予選 日本代表vsサウジアラビアの雑感

W杯最終予選 日本代表 試合雑感

結果は2-1で日本の勝利。

雑感

サウジは監督ファンマルバイクでここまで無敗と言う中々メディアも持ち上げやすかったであろう相手だったけど、最後の謎のやられまくり状態を除けばいい試合だったように思う。というか割と日本のプレッシングが効いていて、DF~MF間でいい具合にボールが奪えていたし、何かしらんが縦パスも良く通っていたので、前半だけで2~3点は取れていたのではと言う気もするけど、まあそんなホイホイ点取れるほどサッカーは甘くはなかった。引き分けか負けだったらまた決定力不足だなんだ言われていたであろう。実際、枠内には全然飛んでなかったし。

サウジアラビアの陣形は4-4-2だけど、前線と後ろの連携が上手くできておらず、清武や大迫や原口と言った前線好調組の独擅場に。原口は攻守に豊富な運動量で走り回り、大迫はお得意のボール収めにフリーラン等でチャンスを作る。清武はパスやプレースキックでチャンスを演出。個人的に、大迫はここまで1トップの仕事が出来たのかと驚き。勢いもあるのだろうけど、ケルンでもまれて一層成長したのかな。あとは長谷部や山口が素早く切り替えていいパスを供給していたのも好印象。残念なのは後ろの不安定さ。森重や吉田のボール回しはいつも思うけど不安。どうにか、もっといい選手がこないだろうか...。ただ空中戦で安定して戦えていたのはよかったなという印象。

原口半端ない!なゴールの流れ

2点目が入ったのが後半の終盤だったわけですが、その原口のゴールが個人的にさすがだなあと思ったので紹介。というか、このゴールは今日の原口のご褒美と言うか、頑張りようが集約されていたと感じますね。

f:id:gutierre:20161118184909p:plain

本田さんがまずボールを受けた後、原口に渡して逆サイドに流れます。遅い時間でサウジの選手も2人戻って来てたので、ここで預けるのは無責任じゃとは思いましたが

f:id:gutierre:20161118185008p:plain

しっかりキープして長友にパス。その後サイドでパス交換している間に

f:id:gutierre:20161118185104p:plain

ちゃっかりボールウォッチャーになったサウジの選手らを横目にゴール前に入っていく原口。

f:id:gutierre:20161118185153p:plain

ザックジャパン時代から磨かれた二人のワンツーによって長友が抜け出す頃には、原口はど真ん中で完全にフリー。相手はボールをずっと見つめているので、このままクロスが通って2点目となりますた。さっきまでハーフライン付近で二人相手にキープしていたところが、いつの間にやらゴール前でフィニッシャーのポジションへ走り込む。、今日の原口を象徴する得点なように感じました。

最後に

本田さんの調子が良くなさそうだったのがアレだったのと、最後やたらとサンドバッグになってた以外はいい試合だったと思います。本田香川岡崎の聖域をすべて外すという賭けにも成功。このパフォーマンスがどれだけ続くか、というか来年の試合でも維持できているのか分からないけど、少なくともこの試合では聖域3選手が出ていたこの最近の試合の中ではとびぬけてクオリティが高かった。まさにハリルさんの言う強度の高いサッカーと言いますか。球際に強くいってプレスをかけ、素早い攻守の切り替えと速いカウンターで攻める、というスタイルを見られたので満足。

ただ今回はホームだったので、アウェーでこれだけの走力とプレッシングが出来るのか不安。特に中東のチームはアウェーこそが本領発揮の場と言った印象なので尚更に。しかし、とりあえずは勝ち点3をゲットできたし、ひとまず安心かなと。ハリルさんもほっとしてるかも。来年最初の代表戦であるUAE戦はリベンジも兼ねつつ、もっと高い完成度の高いサッカーを期待したいですね。

え?今回の記事文字数が少なくないかって?イヤキノセイダトオモウナ....